スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

雑記 ray

こんばんは。暑い夜が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。しえるです。
今回の話題はみっつかよっつか、さらさらっと書き残しておこうと思います。

・RWBYの話
RWBYのテレビ放送が始まりましたね。一話を見ての感想になりますが、かなりの部分がカットされていて、飛ばすなあといった印象が一番でした。もちろん重要なところはカットなしなんですが、黒服相手にルビーが立ち回る冒頭のシーンがなかったのは少しさみしかったです。
二話にvolume1の中で一番カッコいい戦闘シーンがあるはずなんで、視聴続けるか迷ってる人はぜひ見てください。二話見てからでも遅くないと思いますし、逆に一話見てない人もそこからならなんとなく追いつけると思います。Youtubeに英語版があるので、気に入ったらそっちを見るのもアリです。
戦闘シーンだと、volume1の件のシーンが僕は非常に好きですね。バックのRed Like Rosesがめちゃくちゃカッコいいし映える。そのちょっと前のワイスの、知ってましてよ(英語だとYou're fine.)というセリフのあたりもとても素敵です。ワイスかわいい。
本編を見る上で、必要というわけではないんですが、Youtubeで公開されているトレーラー(英語版)を見ておくとより楽しめると思います。Red,White,Black,Yellowの四つあって、それぞれルビー、ワイス、ブレイク、ヤンのひとりひとりがフィーチャーされています。BGMで各々のイメージソングが流れますので、そちらもチェックしてみてください。映像的にはBlackが一番カッコいいかもしれません。三輪士郎氏のコミカライズでもトレーラーの内容は扱っていたと思いますので、そちらもアリかと。

・ゴリラの話
話題かわって、ポケモンのお話。つい先日、もずさん主催でゴリラマスターという特殊ルールのダブルバトルの大会が第七世代でありました。ルールはAC130以上のポケモンのみ参加可能、伝説は二匹まであり、といったものです。
僕自身は忙しかったので参加するつもりはなく、以前のプリプリと同様、めりーくんと考察していただけだったのですが、いろいろありまして、ほりさき先生と一緒に構築を弥生さんに託すこととなりました。
以降は僕がゴリマスをどう眺めていたか書こうかと思います。
前述のとおりめりーくんと考察していたのですが、うめqさん、めりーくんと三人で考察通話をする機会がございまして、そこで出た「じこあんじルナアーラ+パワフルジオコンゼルネアス」という構築のベースを、許可をとった上で僕はほりさき先生と弥生さんの陣営と共有しました。もっとも、時間がなかったのと、うめq陣営の構築の核心に関わるところ(ここでgoogleなりtwitterなりでゴリラマスター優勝構築を調べて、記事を読んでいただけたらとっても嬉しいです)は初見殺し要素の塊であったために、暗示アーラ+ゼルネが強そうだ、程度の内容しか説明しなかったのでしたが。そしたらなんと弥生さん陣営もほぼ同じ構成でしかも初見殺し要素まで同じものを持ってきていて笑うしかなかったです。発想は収束する。
その核心、初見殺しとは何かといえば、サイドチェンジ。うめqさん陣営はめりーくんが突然言い出したサイドチェンジキングラー(サイドチェンジでゼルネアスのジオコンを通し、はたきおとすでミラー時にゼルネのハーブを落とし、ルナアーラへの打点も持つ)を採用、弥生さん陣営はサイドチェンジアーケオスを採用していました。あげくの果てにルナアーラのじこあんじZまでかぶって非常に面白かったですね。
メタゲームはサイコフィールドによって火力が大きく底上げされ、物理特殊を打ち分けられる(上に威嚇で下がらない物理打点)を持つメガミュウツーYや、高い行動保証を持ったトリックルーマーであるルナアーラ、伝説戦といえばもちろんカイオーガ、グラードン、あとはバンドリやらメガマンダ、エスパーの強い環境であるがゆえにイベルタルなんかも食い込んでくるだろうと考えていましたが、最終的にあまり派手さのないバンドリやホウオウ軸なんかは切っていいだろうと考えていました。イベルタルにはゼルネアスが相性有利でしたし。サイドチェンジがどれくらい意識されているのかと、じこあんじルナアーラをどれだけの人が想定しているのかが最後まで悩みどころでした。
蓋を開けてみればうめqさんは優勝、弥生さんも予選を一位抜けしてベスト4と、考察して横から応援していただけですが、非常にうれしい結果となりました。お二人の実力がたたき出した結果ではありますが、その一端に参加できたことを光栄に思います。
感想としては、スカーフ判定が非常に重要で、しかも90~99族に伝説やカプが集中しているルールだったこともあり、ゼルネイベルの特性がとても強かったなあと思います。構築段階から相手のもちものごとに行動パターン決められたのが考察を手伝いやすくてよかったです。
最近変わったルールの大会が多くて楽しいですね。僕はレートより大会の方がモチベーション上がるので、嬉しい流れです。

・タイトルの話
BUMP OF CHICKENの初音ミクコラボ楽曲。最近BUMPがカップラーメンのCMで話題なのと、この雑記を書きながら聞いているところなのでタイトルに選んでみました。
中高生の間はずっとBUMP好きで、アルエだったりダンデライオンだったり、ダイヤモンドも好きだったような気がします。今はメーデーとか、おしゃれ寄りの曲が好きですが、昔はダサめのBUMPが好きでした。ガラスのブルースとか。
懐かしい話題ついでに、昔のボカロの話もしますね。先月くらいにどの曲が好きだったとか、あれはいいよね、なんて話を通話でする機会がありまして、非常に懐かしくなったのを覚えています。いつものことなんですが、コンテンツ自体より、そのコンテンツのファンの一部が目について離れてしまうことが僕は多くて、ボカロも高三くらいを境に聴かなくなってしまったんですよね。久しぶりに聞くとすごく懐かしくて、確かに自分は好きだったんだなあと再確認できました。それ以降ぽつぽつ聞いています。40mpの曲が好きで、あとざっくりしたとこだとGUMIの曲をよく聞いていました。もう少しさかのぼるとローリンガールとか。
新しいのも聞け、とのお達しがくだったので、そろそろ最近のも聞いていこうと思っております。

・嬉しかった話(近況)
とくに嬉しいこともない近況の方から。二年くらい前に買って途中でほったらかしにしていたポケモンバトルトローゼで、全ポケモンの回収を終えました。だいたい先月から一か月ちょいで達成したことになります。もう古いゲームなのでネタバレも気にせず言いますが、圧倒的にシェイミとランドがつらいゲームでした。そこ二体だけ難易度調整間違えてるとしか。
ランドロスは出現にボルトとトルネを連れて行かねばならず(連れて行くとそれだけパズルに登場するポケモンの種類が増える)、ワンパンしないと次のステージが開放されないという仕様、シェイミはスカイの方ですが、どんなにこっちの体力が残っていても行動を許すと確実にワンパンしてくるというもの。本当に厳しい。気になった方はぜひやってみてください。
余談ですが、先月起動したときに見たすれ違い欄に大阪ローテ参加者の方々がいらっしゃったのが地味に印象に残っています。またお会いしたい方ばかりでした。あれからもう二年……。
嬉しい方の近況。先週の金曜にめりーくんと引き潮さんと集まったのですが、お二人が僕の誕生日を祝ってくださって、いろいろ買っていただきました。最近忙しくなってきた人が回りに多く、中でも昨年かなりたくさん遊んでいただいた引き潮さんには、ほとんど今年度お会いできていなかったので嬉しい限りでした。
内訳は廃墟の写真集だったり、ファンタジー考察本だったり、TRPG用に使う本やら、雑貨だったり。さんざん悩んで振り回してごめんなさい。本当にありがとうございました。缶バッチはリュックにつけました。


今夜はこんなところで。けっこうたくさん書いてしまいました。お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する