スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

【ローテ】診断ローテ大会準優勝構築

こんばんは、しえるです。
遅くなってしまいましたが、でぃーちょ師匠主催の診断ローテ大会に参加してきましたので、その報告です。
結果は予選4-1の二位抜け、決勝トーナメントは決勝でサンガーさんに負けての準優勝でした。
普段使わないポケモンが使えてめっちゃ楽しかったです。
やや旬は過ぎてしまってますが、さらっと読み流していただけましたら幸いです。

では、大会前のレポからどうぞ。
診断ローテとは…くらうんさんの作った診断メーカーに自分の名前を入れ、出てきたパーティを使って対戦をする大会のこと。
大会申請前の数日間、「しえる」で診断してもまったく戦えそうなパーティが出ず、仕方がないので強そうな名前を募集して参加することにしました()
ごま神にいただいた名前「楊貴妃」によって引いたパーティはメガタブンネ、ヤドキング、カイリュー、レジスチル、サザンドラ、クレッフィ。強そうなパーティではあったものの引き直した「みん楊貴妃」のパーティ「メガユキノオー、ブルンゲル、FCロトム、ギルガルド、デデンネ、テラキオン」の方が強そうだったので、こちらで挑むことに。
こんな強い名前見つけてくるなんて、本当にごまさんは神。

460-megaevol_0.png593f_0.png479-heat_0.png681_0.png702_0.png639_0.png

このパーティの偉いところはFCロトム(5種類のどれでもいい)、とギルガルドを引いていること、メガユキノオーに対してS操作枠がトリックルームの使えるブルンゲルで相性補完的にもギミック的にもかみ合っていること。
ギルガルドを突破する手段が限られるこのルールでは、ガルドが本当に強い。実際、当初の想定よりずっと活躍してくれました。
しかし、ガルドを特殊型で使うと打点が特殊寄りになりすぎると考え、ガルドは物理で使うことに。メガノオーは以前弥生さんとわたらいさんが使っておられた剣舞トリル型が一番合うと思ったので、やはり物理で使おうと考えました。
ロトムはだいぶ悩みましたが、ブルンゲルがメインの勝ち筋になる以上、相性補完考えたらヒートしかないと判断しました。

・個別紹介
ユキノオー(NN シベリア) 親 わたらい
ゆうかんHA ぼうおん ユキノオナイト
こおりのつぶて タネばくだん じしん つるぎのまい

わたらいさんに孵化していただいたユキノオー。ゆうかんの個体を持っていなかったので孵化あまりいないかTLで聞いたら快く孵化までしてくださったという…重ね重ねお礼を申し上げたい。神。
型は弥生さんが以前使っていた個体とほぼ同じ。タネガンが遺伝なのを知らなかっただけです()
弱点相手の剣舞つぶての火力は本当にすさまじく、こんな先制技使っていいのか…と戦慄しました。
なんだかんだ大暴れしてくれて何より。最初は不安でしたが、とっても強いメガ枠でした。

ブルンゲル
ずぶといHB のろわれボディ ソクノのみ
ねっとう ちょうはつ じこさいせい トリックルーム

HDタラプではなく、意地でもトリルするべくソクノでHB振りのブルンゲルを使いました。
勝ち筋がトリルによらないと判断した試合以外はほぼ選出しています。
数値がいつもは少し足りないと感じることが多いですが、役割をしっかり絞ってやれば十分すぎる活躍をしてくれました。
ちょうはつの枠はおにびと最後まで迷っていました。おにびの方がよかったかも。

ヒートロトム (NN ざびまる)
ひかえめHCベース ふゆう オボンのみ
オーバーヒート 10まんボルト リフレクター じこあんじ

メロンパさんが以前もつオフで使っていたじこあんじヒトムとほぼ同じ。
おにびをリフレクターに変えているのは、外しがないことと、終盤の詰めや序盤の展開など、一気に複数に影響を与えられるこっちの方が使い勝手がいいときが多いと思っているからです。
無難に大活躍してくれました。暗示のおかげで適当にオバヒ打てるのが本当に強かった。
普段使いも全然あるな、という感じ。

ギルガルド (NN フツノミタマ)
ゆうかん H252 A180 B76 バトルスイッチ じゃくてんほけん
かげうち アイアンヘッド つるぎのまい キングシールド
   
初めての物理ガルド。ギリギリまで弱保と風船で迷ったんですが、他のメンバーに火力アップアイテムをもたせられなかった都合で火力が不足すると予想し弱保に。
ほとんどの試合に選出し、ほとんどの試合で弱保剣舞決めてA4段階上昇からかげうちで詰めてくれたのは本当にカッコよかった。
コウメさんとの対戦で、トリルからアイヘで縛ったり、ごまさんとの対戦で終盤の択ゲーを生み出してくれたりと、僕のパーティの主人公だった模様。
とっても満足しているので、またどこかで使うかも。

デデンネ 親 めりー
おくびょうHS プラス シュカのみ
10まんボルト なかまづくり ほっぺすりすり あまえる

未育成でボックスにいた以前めりーさんにもらったデデンネをそのまま使用。
なかまづくり、すりすりまではすっと決まって残りの枠には電気打点としての10万と、同ブロックのTaGeさんのブシン対策に甘えるが入りました。
ブシンが重すぎて(はたき入りのブシンにほぼ全員が等倍以上をとられる)、対TaGeさんだけを意識して育成し、見事に活躍してくれたのでほっとしている、といった感じですね。
調子に乗って「デデンネ強いんじゃね?マルスケつぶしながら麻痺撒けるし」と選出したかちゅーしゃさん戦ではボッコボコにされました。予選抜け確定しての油断、ということにしておこう。デデンネはわりとできる子。

テラキオン
ようきAS せいぎのこころ きあいのタスキ
インファイト ストーンエッジ どくどく がんせきふうじ

ごまさんにお借りしたテラキオン。詰む相手を減らす、後続につなげる、という意味で岩封と毒々を採用。
岩封は別の技でもよかったかも。
基本軸がトリルだったのでほぼ選出せず、活躍もあまりさせてあげられなかったのが心残りです。
刺さっていなかったわけではなかったのですが…。
ハチマキでもよかったのかも。

・余談 予選
対戦の一週間前におのおのパーティを決め、前日に予選ブロック分けが行われ、ブログでそれぞれのパーティが発表されました。
つまり、予選の見せ合いはすでに始まっているわけです。僕はこの点に注目し、「少なくとも予選で詰むパーティを作らないこと」「予選の相手全員の選出を事前に想定し、勝ち筋をだいたい決めておくこと」を事前準備として行いました。合法後出しじゃんけんみたいなもんですかね……。パーティ発表段階で記事の優勝候補のとこに名前のせてもらってしまったので、ちょっと本気出して予選は抜けに行きました。パーティ強かったですし。
ブロックはソーナンスブロックで、同組はいちごあめ、katusha、ZzくまみこZz、コウメ、ほりさき(敬称略)のみなさんでした。

ブロック分け段階で意識したのは、でぃーちょ師匠のトゲキッス、ギルガルド、かちゅーしゃさんのメガライボ、エレザード、カイリュー、コウメさんのナットレイ、メガグロス、ゲッコウガ、TaGeさんのメガマンダ、ローブシン、クレセリア、ほりさき先生のドリュウズ、メガヤドランあたりの対策です。
結局、キッスに対しては電気と鋼の耐性と先制技、ガルドにはロトム、ガルドでしっかり刺していくのと、ノオーに地震を搭載することで突破の手段を複数用意しました。
ライボ、エレザードに電気技連打されるだけでブルンが何もできずに死んでいく恐れがあったので、ソクノを持たせて最低でもトリルは一発貼れるように。もともと電気耐性はかなり高めのパーティだったのでそれで十分。全体的にヒトムが殴りやすそうだったのでヒトムでがんばるつもり…だったのですが、直前の試合でうっかり活躍してしまったデデンネを過信して選出した結果負けました。
ナットにはヒトム、テラキでなんとか、グロスとゲッコウガはトリルからどうにかこうにか、のつもりでした。
メガマンダはノオーガルドで、ブシンはデデンネ(!)で、クレセはガルドで処理、を想定していました。
ドリュウズはブルンか、ノオーガルドで択を合わせて削りきる、ヤドランはノオーで処理、のつもりでした。
おおむね目論み通り(見通しの甘さを運でカバーしたともいう)だったので嬉しかったです。
そんなわけで予選抜けして、決勝トーナメントは余生だなーと思っていたら、以前ローテチーム戦で対戦していただいたやまいさんと対戦、二連で有効急所を引く豪運で無理やり勝ちました(その節はすみません、いつか実力で勝ちたいと思っています…)。次のごまさんとの対戦も、最後の最後までオンバーンのばくおんぱと竜波の択にお互い悩みつつ、ぎりぎりの勝負を拾ったという感じでした。ここ二戦ともトノがいたのを思うと、このルールなんやかんやで雨強いなあ、という印象ですね(ノオーもらっておいて何をいっているのか)。
サンガーさんとの対戦は、ラティが向こうにいるのに表にガルドを出さないという選出ミスを犯し、あっさり負けてしまいました。地味に初対戦だったはずなので、ちょっと切なくてとても悔しいです。次はレートでもオフでも、もっと楽しんでもらえる対戦にしたいですね。


対戦していただいたでぃーちょ師匠、ほりさき先生、かちゅーしゃさん、TaGeさん、コウメさん、やまいさん、ごまさん、サンガーさん、本当にありがとうございました。
そして、でぃーちょ師匠、運営ありがとうございました。
次回あれば運営のお手伝いなんかもできればな、と考えております。

それでは、また。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

【ローテ】個人的キャラランク

こんばんはと言うべきでしょうか、おはようございますと言うべきでしょうか。しえるです。
れどれどさんに触発されて、ローテのキャラランクを書いてみることにしたら3時になってしまいました。

評価基準の動機づけがだいたい三つ、評価基準がそこから派生して五つ、というところですね。
動機づけ
・ローテにおける役割(展開、妨害、攻撃)の三すくみ(あるいは単純に択ゲーと評してもいい)
このポイントについては、リィズさんのローテ論がとってもわかりやすいので「リィズ ローテ」とかでブログを検索して読み漁っていただくのが早いと思います。
・相手の思考量を減らしすぎないか(あるいは、安定択を作らせにくいか)
ローテは互いに考えられるリスクをある程度検討し、少しでも負けにくく勝ちに近づきやすい手を選ぶゲームだと考えるのであれば、ノーリスクの行動を作らせた時点で相当劣勢に回っていると考えられます。そういった「すでに詰んでいた」状況を作らないため、相手にどれだけのリスクを想定させられるか、という視点です。
・扱いやすさ
ローテが択ゲーである、と再三言ってきた以上、扱いやすさの観点は非常に重要です。いかに強いポケモンでもある程度天敵といえる相手が存在する以上、100パーセント安全と言える状況は相当まれだと言っていいでしょう。雑に扱っても倒れにくく負担がかけられたり、他のポケモンが倒れたあとにも動けたり、多少のミスや読み負けを打ち消してくれる強さという視点です。

以上の三点から、
・行動保証が利いているか(優先度、素早さ、特性、耐久値)
・型(技)の多様さ
・相性補完のとりやすさ(半減、無効の多さ)
・勝ち筋を生み出せるか
・単体として完結しているか(他のポケモンに依存していないか)
の五つの評価軸で評価をしていきます。
キャラランクというものはその性質上、相対的なものです。ですので、ガブリアスをちょうど100点のポケモンだと考えた上での評価を行いたいと思います。環境への考察は行っていないので、実際の評価に対して齟齬があるのは否めないですが…。

・キャラランク ()内は総点
S+(100点以上)ボーマンダ(110) ガブリアス(100) ギルガルド(100)
S(100点未満85点以上)クチート(98) カイリュー(92) マリルリ(90) サンダー(88) ファイアロー(87) ハッサム(87) ボルトロス化(87) ボルトロス霊(85)
A+(85点未満80点以上)ゲンガー(83) バンギラス(83) ガルーラ(83) エルフーン(83) リザードン(83) ラティアス(82) シャンデラ(82) トゲキッス(80)
A(80点未満70点以上)ニンフィア(79) 水ロトム(78) オンバーン(77) サザンドラ(77) ナットレイ(75) ヒードラン(75) 炎ロトム(75) クレッフィ(73) ハガネール(73) メタグロス(72) ジバコイル(72) バシャーモ(70) ジャローダ(70) ライコウ(70) ドリュウズ(70)
B(70点未満60点以上)ヤミラミ(67) ギャラドス(67) マンムー(66) キノガッサ(65) ウルガモス(65) ラグラージ(65) クレセリア(63) スイクン(63) ニャオニクス♂(63) ニョロトノ(63) ブルンゲル(61) ミミロップ(60) サマヨール(60) ピクシー(60) キングドラ(60) 
C(60点未満)エンテイ(58) チョボマキ(55) ブラッキー(55) モロバレル(55) ポリゴン2(53) オムスター(53) ガマゲロゲ(53) ドサイドン(53)

上位のポケモンにはメガ枠が多く、行動保証のある程度利いたポケモンが並ぶといった結果になっています。
下位には役割が見せ合い段階でほぼ推定できるポケモンや、数値受けをするポケモン、サポートがなければ活躍しづらいポケモンなんかが並んでいると言えそうですね。
純粋な使い勝手とはややズレた結果になっていそうです。個人的にこの評価軸で評価しきれていない部分はエンテイが下位に出てしまっている点と、ハッサムとカイリューが上位すぎる点、サンダーもSに乗ってよさそう、というくらいで、おおむね意図した評価ができているとは思っています。
神と邪竜が同じ数字なのは宿命ってことで。

rotation chara

点数表おいておきます。3点差とかついてる部分については「ちょっとマシ」「同レベルのやつよりちょっと得意」くらいの意味です。各評価軸についてもご検討いただけたら幸いです。

ではまた。
web拍手 by FC2

【ローテ】ローテチーム戦3位構築 一心不乱スタン

こんばんは、しえるです。
今回、きゅんさん主催のローテチーム戦に京大ポケサーのBellさん、立命館PTPのなかまささんのお二人と参加させていただきました!
チーム名は「踊れ 楽しめ 一心不乱に回れ」(Bellさん命名)。結果はなんと3位。僕個人の戦績は予選2-2の決勝トナメ1-2というふがいないものでしたが…。
いくつか悔しい試合はあったものの、かなり満足いくパーティに仕上がりましたので、記事にまとめることにしました。

では解説。
一心不乱スタン
»続きを読む
web拍手 by FC2

【ローテ】京都ローテオフ使用構築 ラプラスにのって Part4

こんばんは、しえるです。
京都ローテオフ前夜から突貫工事で完成させた構築。その割には新規育成の多いこと!
完成度には未だ満足してはいませんが、そこそこ戦えて色々な要素も盛り込めたかなとは思っています。
前回までとは違う個体のラプラスを使っていますが、今度の調整の方が自信はあります。ぜひ一度使ってみていただければと。

ラプラス4

»続きを読む
web拍手 by FC2

オフレポ 京都ローテオフでポケカした話。

こんにちは、しえるです。
おととい、3/21にひこさん主催の京都ローテオフが開催され、僕も参加してきました。

もつオフに引き続き構築が迷走する中での参加で、予選は三連敗からの二勝という結果。
前日夜中から考えた割にはまともな構築だったと思うんですが、どこか歪みがあったのかなと。あと読みで負けてるのはダメ。
フリーの時間で色んな方と交流できたからその点では結果オーライ?とも言えなくもない。でも勝ちたい!
構築についてはまた後ほど記事を書きます。

ではオフレポをどうぞ。 »続きを読む
web拍手 by FC2