プロフィール

しえる

Author:しえる
某国立大にひっそりと生息するゲーマー。
ポケモンはローテをメインに。ダブルもしてみたい。
そのほかアナログゲー各種と音ゲーをちょろっと。
TRPGもやってます。ソードワールド2.0を中心にダブルクロス3、COCなど。

最新コメント

雑記 ray

こんばんは。暑い夜が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。しえるです。
今回の話題はみっつかよっつか、さらさらっと書き残しておこうと思います。

・RWBYの話
RWBYのテレビ放送が始まりましたね。一話を見ての感想になりますが、かなりの部分がカットされていて、飛ばすなあといった印象が一番でした。もちろん重要なところはカットなしなんですが、黒服相手にルビーが立ち回る冒頭のシーンがなかったのは少しさみしかったです。
二話にvolume1の中で一番カッコいい戦闘シーンがあるはずなんで、視聴続けるか迷ってる人はぜひ見てください。二話見てからでも遅くないと思いますし、逆に一話見てない人もそこからならなんとなく追いつけると思います。Youtubeに英語版があるので、気に入ったらそっちを見るのもアリです。
戦闘シーンだと、volume1の件のシーンが僕は非常に好きですね。バックのRed Like Rosesがめちゃくちゃカッコいいし映える。そのちょっと前のワイスの、知ってましてよ(英語だとYou're fine.)というセリフのあたりもとても素敵です。ワイスかわいい。
本編を見る上で、必要というわけではないんですが、Youtubeで公開されているトレーラー(英語版)を見ておくとより楽しめると思います。Red,White,Black,Yellowの四つあって、それぞれルビー、ワイス、ブレイク、ヤンのひとりひとりがフィーチャーされています。BGMで各々のイメージソングが流れますので、そちらもチェックしてみてください。映像的にはBlackが一番カッコいいかもしれません。三輪士郎氏のコミカライズでもトレーラーの内容は扱っていたと思いますので、そちらもアリかと。

・ゴリラの話
話題かわって、ポケモンのお話。つい先日、もずさん主催でゴリラマスターという特殊ルールのダブルバトルの大会が第七世代でありました。ルールはAC130以上のポケモンのみ参加可能、伝説は二匹まであり、といったものです。
僕自身は忙しかったので参加するつもりはなく、以前のプリプリと同様、めりーくんと考察していただけだったのですが、いろいろありまして、ほりさき先生と一緒に構築を弥生さんに託すこととなりました。
以降は僕がゴリマスをどう眺めていたか書こうかと思います。
前述のとおりめりーくんと考察していたのですが、うめqさん、めりーくんと三人で考察通話をする機会がございまして、そこで出た「じこあんじルナアーラ+パワフルジオコンゼルネアス」という構築のベースを、許可をとった上で僕はほりさき先生と弥生さんの陣営と共有しました。もっとも、時間がなかったのと、うめq陣営の構築の核心に関わるところ(ここでgoogleなりtwitterなりでゴリラマスター優勝構築を調べて、記事を読んでいただけたらとっても嬉しいです)は初見殺し要素の塊であったために、暗示アーラ+ゼルネが強そうだ、程度の内容しか説明しなかったのでしたが。そしたらなんと弥生さん陣営もほぼ同じ構成でしかも初見殺し要素まで同じものを持ってきていて笑うしかなかったです。発想は収束する。
その核心、初見殺しとは何かといえば、サイドチェンジ。うめqさん陣営はめりーくんが突然言い出したサイドチェンジキングラー(サイドチェンジでゼルネアスのジオコンを通し、はたきおとすでミラー時にゼルネのハーブを落とし、ルナアーラへの打点も持つ)を採用、弥生さん陣営はサイドチェンジアーケオスを採用していました。あげくの果てにルナアーラのじこあんじZまでかぶって非常に面白かったですね。
メタゲームはサイコフィールドによって火力が大きく底上げされ、物理特殊を打ち分けられる(上に威嚇で下がらない物理打点)を持つメガミュウツーYや、高い行動保証を持ったトリックルーマーであるルナアーラ、伝説戦といえばもちろんカイオーガ、グラードン、あとはバンドリやらメガマンダ、エスパーの強い環境であるがゆえにイベルタルなんかも食い込んでくるだろうと考えていましたが、最終的にあまり派手さのないバンドリやホウオウ軸なんかは切っていいだろうと考えていました。イベルタルにはゼルネアスが相性有利でしたし。サイドチェンジがどれくらい意識されているのかと、じこあんじルナアーラをどれだけの人が想定しているのかが最後まで悩みどころでした。
蓋を開けてみればうめqさんは優勝、弥生さんも予選を一位抜けしてベスト4と、考察して横から応援していただけですが、非常にうれしい結果となりました。お二人の実力がたたき出した結果ではありますが、その一端に参加できたことを光栄に思います。
感想としては、スカーフ判定が非常に重要で、しかも90~99族に伝説やカプが集中しているルールだったこともあり、ゼルネイベルの特性がとても強かったなあと思います。構築段階から相手のもちものごとに行動パターン決められたのが考察を手伝いやすくてよかったです。
最近変わったルールの大会が多くて楽しいですね。僕はレートより大会の方がモチベーション上がるので、嬉しい流れです。

・タイトルの話
BUMP OF CHICKENの初音ミクコラボ楽曲。最近BUMPがカップラーメンのCMで話題なのと、この雑記を書きながら聞いているところなのでタイトルに選んでみました。
中高生の間はずっとBUMP好きで、アルエだったりダンデライオンだったり、ダイヤモンドも好きだったような気がします。今はメーデーとか、おしゃれ寄りの曲が好きですが、昔はダサめのBUMPが好きでした。ガラスのブルースとか。
懐かしい話題ついでに、昔のボカロの話もしますね。先月くらいにどの曲が好きだったとか、あれはいいよね、なんて話を通話でする機会がありまして、非常に懐かしくなったのを覚えています。いつものことなんですが、コンテンツ自体より、そのコンテンツのファンの一部が目について離れてしまうことが僕は多くて、ボカロも高三くらいを境に聴かなくなってしまったんですよね。久しぶりに聞くとすごく懐かしくて、確かに自分は好きだったんだなあと再確認できました。それ以降ぽつぽつ聞いています。40mpの曲が好きで、あとざっくりしたとこだとGUMIの曲をよく聞いていました。もう少しさかのぼるとローリンガールとか。
新しいのも聞け、とのお達しがくだったので、そろそろ最近のも聞いていこうと思っております。

・嬉しかった話(近況)
とくに嬉しいこともない近況の方から。二年くらい前に買って途中でほったらかしにしていたポケモンバトルトローゼで、全ポケモンの回収を終えました。だいたい先月から一か月ちょいで達成したことになります。もう古いゲームなのでネタバレも気にせず言いますが、圧倒的にシェイミとランドがつらいゲームでした。そこ二体だけ難易度調整間違えてるとしか。
ランドロスは出現にボルトとトルネを連れて行かねばならず(連れて行くとそれだけパズルに登場するポケモンの種類が増える)、ワンパンしないと次のステージが開放されないという仕様、シェイミはスカイの方ですが、どんなにこっちの体力が残っていても行動を許すと確実にワンパンしてくるというもの。本当に厳しい。気になった方はぜひやってみてください。
余談ですが、先月起動したときに見たすれ違い欄に大阪ローテ参加者の方々がいらっしゃったのが地味に印象に残っています。またお会いしたい方ばかりでした。あれからもう二年……。
嬉しい方の近況。先週の金曜にめりーくんと引き潮さんと集まったのですが、お二人が僕の誕生日を祝ってくださって、いろいろ買っていただきました。最近忙しくなってきた人が回りに多く、中でも昨年かなりたくさん遊んでいただいた引き潮さんには、ほとんど今年度お会いできていなかったので嬉しい限りでした。
内訳は廃墟の写真集だったり、ファンタジー考察本だったり、TRPG用に使う本やら、雑貨だったり。さんざん悩んで振り回してごめんなさい。本当にありがとうございました。缶バッチはリュックにつけました。


今夜はこんなところで。けっこうたくさん書いてしまいました。お読みいただきありがとうございます。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

雑記 センチメンタルピリオド

こんばんは。しえるです。
ほぼひと月あいてしまいました。
先月は金がないわクソ忙しいわで大変でした、ほんと。あと暑いし。

・ポケモンの話
つい先日のプリティプリマに参加した話です。
めりーくんと深夜に考察通話してたら、パーティ協力のつもりがなんかパーティできてしまって出る流れになってました。深夜ってこわい。
二匹ほど孵化あまりをともえちゃんにいただくなどして構築をギリギリで完成し、15,6戦ほど遊びました。
感想、というか反省会ですが、ダブル不慣れにしてもパーティ詰められていなかった感じが少しありました。使おうと思ったポケモン自体はアグノムを除いてそこまで間違ってなかったと思うので多少悔しいなと思ってたんですが、まあそこはそれ。
参加したことで構築記事を楽しく読めるのが今回一番のメリットだったかもしれませんね。特殊環境はやはり独特の雰囲気がありますから。
ちなみにパーティはルチャブルシャンデラマリルリモロバレルアグノムホルードでした。

・ジャニーズの話
最近関ジャニ∞にハマって…というほどはハマってないんですけど、彼らの動画見たりしてます。
大倉くんがかっこいいです。
某番組の英会話伝言ゲームの動画をTwitterでみて関ジャニ面白いなってなったので、その時点ではほぼ錦戸村上横山その他みたいな感じだったんですよ。
それが見れば見るほど大倉くんがかっこいい。エロい。
つい昨日のSONGSにも出てたので録画見ましたが、渋谷くん歌うまいっすね。
ジャニーズだからそりゃ当たり前なんですけど才能に溢れててかっこよくてしかもかわいい。30をとうに越えているのにしっかりアイドルしてて、これはすごいなと。
しばらくテレビとかでも探して見てみようかなと思っています。

・芦田さんの話
山田孝之3D、見てまいりました。前提になっている番組も見てない、実録山田孝之も読んでない、の状態でしたが非常に面白かったです。
友情出演芦田愛菜って書いてあったのに冒頭の注意でしか出てこなくてちょっと切ない。芦田さん声が大人っぽくなっててびっくりでした。自分の年齢を考えてしまう。
映画のネタバレも何もないんですけど、山田孝之という役者の演技の深さとか半生とかを見せつけられて、自分の人生どうしていこうか、なんてことを考えさせられる映画でした。
というか考えてないとわりと暇でした。別にすごいアクションがあるわけでもないし。
山田孝之にも興味出てきたし、凶悪とか勇者ヨシヒコとか見てみるのもありかもしれませんね。やる気出たら。

・タイトルの話
センチメンタルピリオド。UNISON SQUARE GARDEN のUNISON SQUARE GARDEN っていうアルバムの曲です。
僕の中で彼らはおしゃれバンドなんですけど、このアルバムがなのかこの曲がなのか、おしゃれ感は2割引き、エッジ効いたバンドサウンド2割増し、みたいな曲だなあと思って最近よく聴いてます。
身も蓋もないこと言うと、Alexandrosとかそういうおしゃれバンドは服屋の音楽だと思っていて、そういうのは別になあ、と感じていたところに同様のおしゃれバンドだと思っていた彼らがこういう曲持ってるよってのがわかって一気に嬉しくなってしまったんですよね。
田淵っていうよく跳ねる人は相当ヤバいやつだなとは思っていたんですけどね。
あと単純にメロディが好きなのかもしれません。

・本業の方の話
群だったり環だったり多様体だったりルベーグ積分だったり色んなものに入門してそろそろ10週くらい経ちます。
微積と線形、あとジェネラルトポロジーがしっかりわかっていればどれだけ楽だったろうかと思って、過去に遡れたら復習鬼と化す勢いです。生きづれえ。
あと環論とシローの定理は普通にわかりません。置換群も真面目にお勉強しませんとね。
やらないとと思っている枠だけですごくたくさんのことがあって、その6割くらいは企画倒れに終わりそうなんですけど、少しくらいは自信持って院進したいっすね。このままだと就職するしかなさそう感がうっ……すら出てきてて非常につらい。そんな感じです。

ところで有界って一発で変換できないとなんだかイライラしませんか。

・おわりに
今日は久しぶりの更新でつい夜中にいろいろ書いてしまいましたが、大目にみてください。
おやすみなさい。
web拍手 by FC2

雑記 I Burn

*この記事は6/5の深夜に下書きしたものを6/7の深夜に加筆してお届けしております。テンションの違和感、文の接続不備など、大目にみてやってくださると幸いです。

こんばんは。しえるです。
今週もおつかれさまでしたと言う間に新しい一週間が始まりますね。
週と週の間に休みを差し込みたい、そんな気持ちになることが最近多いです。

せっかくやる気になったので今日は雑に一週間の感想を書いておこうと思います。

・意外だったこと
みんな夜遅くに投稿したのに意外とブログ読んでくれるんだなあ、と。先週の話です。
どうせほとんど誰も読まないでしょ、と思って投げたものにリアクションがあって嬉しい限りです。ありがとうございます。

・漫画の話
ヒロアカの14巻が出ていたので買ったのと、前から買おうと思っていた三輪士郎さんのRWBYコミカライズを買いました。たしか木曜だったかな。
ヒロアカは前巻から引き続きのVS勝己を除けば、ミリオを筆頭に新しいメインキャラの顔見せが中心くらいでした。まあ予想の範疇といった感じ。心操くんはアニメで出たすぐ後の再登場でタイミングよかったです。
RWBYの方もとってもよかった。僕は春休みくらいから本編アニメ見てるんですが、展開が速くて無駄なシーンが少ないので、日常回がほしくなったりするときがあるんですよ。
その点、漫画は本編に入ってない学園生活の部分やらトレーラーのエピソードやら、より深くキャラクターを見つめる内容が中心で、特にトレーラーが嬉しかったですね。
youtubeで見れるんですけど、yellowのコミカライズが特によかったかなーと。アダムもかっこいいしblackも捨てがたい。

・タイトルの話
RWBYのトレーラー yellowで使われている「I Burn」という曲から。
ノリがよくかっこいい曲です。このトレーラーのメインキャラたるヤン・シャオロンが僕のイチオシ。
ルビーもめっちゃかわいいんですが、面倒見のいいヤンを推したい。金髪だし。
日本語吹き替えだとルビーは早見沙織さんなんで、そのあたりの需要をお持ちの方にもきっとRWBYは楽しんでいただけるかと。なんか夏からTOKYOMXでやるらしいですね。

・書きたかった話
先ほど名前を挙げたヒロアカの心操くんを発端として世界観的にどういうヒーローが強いのか?どういう人がヒーロー向きなのか、みたいなこと書こうと思ったんですけど長くなったのでまたどこかで出せたらいいですねということにします。
思ったよりシンプルなのがいい世界観なのかもしれないです。

・fgoの話
復刻羅生門イベントおつかれさまでした。茨木はここしばらくコミカルな動きが多かっただけにほんわかしたいいイベントでした。僕はもう少し残ったおにぎりを食べてがんばります。
web拍手 by FC2

雑記 夜の太陽

こんばんは。しえるです。
急に暑くなってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
わたくしはもう5月も終わろうというのに5月病まっただなかです。

・近況
最近やることが多くてバタバタしてるうちに1日が過ぎ、1週間が過ぎ、といった日々を送っています。
今夜はいまいち眠れないので何万年か振りにブログ更新してみた次第です。
あとこの前週末ローテ優勝しました。幸運でした。

・タイトルについて
これを書きながら聞いているCD、nano.RIPEの「夜の太陽」から。GWの大阪公演で購入したライブ会場限定シングルです。
聞いていると昨年末にドラムとベースの二人がバンドを離れてたった二人になってしまった彼らがどんなパフォーマンスをしてくれるのか、楽しみな以上に不安があったのを思い出します。杞憂だったわけですが。
夜の太陽もいい曲ですが、僕はカップリング曲のダイヤモンドダストの方が好きですね。ダイヤモンドダストかっこいい。

・終わりに
眠くなったので終わろうと思いますが、少しだけ自分のために宣言とかメモのようなものを残しておきます。
何も知らない人に対して、満足に話せる専門分野の話を僕はどれくらい持っているのだろうか。対角線論法をバーで簡単に説明できなかったこと、少しだけ悔しい。演習とかアウトプットを意識しながらインプットするのが大事そう。
アウトプットすべき内容を少し見てから勉強しなおしている微積がわりとわかるのだから、その雰囲気でがんばっていきたい。

お読みいただきありがとうございました。
web拍手 by FC2

【ローテ】診断ローテ大会準優勝構築

こんばんは、しえるです。
遅くなってしまいましたが、でぃーちょ師匠主催の診断ローテ大会に参加してきましたので、その報告です。
結果は予選4-1の二位抜け、決勝トーナメントは決勝でサンガーさんに負けての準優勝でした。
普段使わないポケモンが使えてめっちゃ楽しかったです。
やや旬は過ぎてしまってますが、さらっと読み流していただけましたら幸いです。

では、大会前のレポからどうぞ。
診断ローテとは…くらうんさんの作った診断メーカーに自分の名前を入れ、出てきたパーティを使って対戦をする大会のこと。
大会申請前の数日間、「しえる」で診断してもまったく戦えそうなパーティが出ず、仕方がないので強そうな名前を募集して参加することにしました()
ごま神にいただいた名前「楊貴妃」によって引いたパーティはメガタブンネ、ヤドキング、カイリュー、レジスチル、サザンドラ、クレッフィ。強そうなパーティではあったものの引き直した「みん楊貴妃」のパーティ「メガユキノオー、ブルンゲル、FCロトム、ギルガルド、デデンネ、テラキオン」の方が強そうだったので、こちらで挑むことに。
こんな強い名前見つけてくるなんて、本当にごまさんは神。

460-megaevol_0.png593f_0.png479-heat_0.png681_0.png702_0.png639_0.png

このパーティの偉いところはFCロトム(5種類のどれでもいい)、とギルガルドを引いていること、メガユキノオーに対してS操作枠がトリックルームの使えるブルンゲルで相性補完的にもギミック的にもかみ合っていること。
ギルガルドを突破する手段が限られるこのルールでは、ガルドが本当に強い。実際、当初の想定よりずっと活躍してくれました。
しかし、ガルドを特殊型で使うと打点が特殊寄りになりすぎると考え、ガルドは物理で使うことに。メガノオーは以前弥生さんとわたらいさんが使っておられた剣舞トリル型が一番合うと思ったので、やはり物理で使おうと考えました。
ロトムはだいぶ悩みましたが、ブルンゲルがメインの勝ち筋になる以上、相性補完考えたらヒートしかないと判断しました。

・個別紹介
ユキノオー(NN シベリア) 親 わたらい
ゆうかんHA ぼうおん ユキノオナイト
こおりのつぶて タネばくだん じしん つるぎのまい

わたらいさんに孵化していただいたユキノオー。ゆうかんの個体を持っていなかったので孵化あまりいないかTLで聞いたら快く孵化までしてくださったという…重ね重ねお礼を申し上げたい。神。
型は弥生さんが以前使っていた個体とほぼ同じ。タネガンが遺伝なのを知らなかっただけです()
弱点相手の剣舞つぶての火力は本当にすさまじく、こんな先制技使っていいのか…と戦慄しました。
なんだかんだ大暴れしてくれて何より。最初は不安でしたが、とっても強いメガ枠でした。

ブルンゲル
ずぶといHB のろわれボディ ソクノのみ
ねっとう ちょうはつ じこさいせい トリックルーム

HDタラプではなく、意地でもトリルするべくソクノでHB振りのブルンゲルを使いました。
勝ち筋がトリルによらないと判断した試合以外はほぼ選出しています。
数値がいつもは少し足りないと感じることが多いですが、役割をしっかり絞ってやれば十分すぎる活躍をしてくれました。
ちょうはつの枠はおにびと最後まで迷っていました。おにびの方がよかったかも。

ヒートロトム (NN ざびまる)
ひかえめHCベース ふゆう オボンのみ
オーバーヒート 10まんボルト リフレクター じこあんじ

メロンパさんが以前もつオフで使っていたじこあんじヒトムとほぼ同じ。
おにびをリフレクターに変えているのは、外しがないことと、終盤の詰めや序盤の展開など、一気に複数に影響を与えられるこっちの方が使い勝手がいいときが多いと思っているからです。
無難に大活躍してくれました。暗示のおかげで適当にオバヒ打てるのが本当に強かった。
普段使いも全然あるな、という感じ。

ギルガルド (NN フツノミタマ)
ゆうかん H252 A180 B76 バトルスイッチ じゃくてんほけん
かげうち アイアンヘッド つるぎのまい キングシールド
   
初めての物理ガルド。ギリギリまで弱保と風船で迷ったんですが、他のメンバーに火力アップアイテムをもたせられなかった都合で火力が不足すると予想し弱保に。
ほとんどの試合に選出し、ほとんどの試合で弱保剣舞決めてA4段階上昇からかげうちで詰めてくれたのは本当にカッコよかった。
コウメさんとの対戦で、トリルからアイヘで縛ったり、ごまさんとの対戦で終盤の択ゲーを生み出してくれたりと、僕のパーティの主人公だった模様。
とっても満足しているので、またどこかで使うかも。

デデンネ 親 めりー
おくびょうHS プラス シュカのみ
10まんボルト なかまづくり ほっぺすりすり あまえる

未育成でボックスにいた以前めりーさんにもらったデデンネをそのまま使用。
なかまづくり、すりすりまではすっと決まって残りの枠には電気打点としての10万と、同ブロックのTaGeさんのブシン対策に甘えるが入りました。
ブシンが重すぎて(はたき入りのブシンにほぼ全員が等倍以上をとられる)、対TaGeさんだけを意識して育成し、見事に活躍してくれたのでほっとしている、といった感じですね。
調子に乗って「デデンネ強いんじゃね?マルスケつぶしながら麻痺撒けるし」と選出したかちゅーしゃさん戦ではボッコボコにされました。予選抜け確定しての油断、ということにしておこう。デデンネはわりとできる子。

テラキオン
ようきAS せいぎのこころ きあいのタスキ
インファイト ストーンエッジ どくどく がんせきふうじ

ごまさんにお借りしたテラキオン。詰む相手を減らす、後続につなげる、という意味で岩封と毒々を採用。
岩封は別の技でもよかったかも。
基本軸がトリルだったのでほぼ選出せず、活躍もあまりさせてあげられなかったのが心残りです。
刺さっていなかったわけではなかったのですが…。
ハチマキでもよかったのかも。

・余談 予選
対戦の一週間前におのおのパーティを決め、前日に予選ブロック分けが行われ、ブログでそれぞれのパーティが発表されました。
つまり、予選の見せ合いはすでに始まっているわけです。僕はこの点に注目し、「少なくとも予選で詰むパーティを作らないこと」「予選の相手全員の選出を事前に想定し、勝ち筋をだいたい決めておくこと」を事前準備として行いました。合法後出しじゃんけんみたいなもんですかね……。パーティ発表段階で記事の優勝候補のとこに名前のせてもらってしまったので、ちょっと本気出して予選は抜けに行きました。パーティ強かったですし。
ブロックはソーナンスブロックで、同組はいちごあめ、katusha、ZzくまみこZz、コウメ、ほりさき(敬称略)のみなさんでした。

ブロック分け段階で意識したのは、でぃーちょ師匠のトゲキッス、ギルガルド、かちゅーしゃさんのメガライボ、エレザード、カイリュー、コウメさんのナットレイ、メガグロス、ゲッコウガ、TaGeさんのメガマンダ、ローブシン、クレセリア、ほりさき先生のドリュウズ、メガヤドランあたりの対策です。
結局、キッスに対しては電気と鋼の耐性と先制技、ガルドにはロトム、ガルドでしっかり刺していくのと、ノオーに地震を搭載することで突破の手段を複数用意しました。
ライボ、エレザードに電気技連打されるだけでブルンが何もできずに死んでいく恐れがあったので、ソクノを持たせて最低でもトリルは一発貼れるように。もともと電気耐性はかなり高めのパーティだったのでそれで十分。全体的にヒトムが殴りやすそうだったのでヒトムでがんばるつもり…だったのですが、直前の試合でうっかり活躍してしまったデデンネを過信して選出した結果負けました。
ナットにはヒトム、テラキでなんとか、グロスとゲッコウガはトリルからどうにかこうにか、のつもりでした。
メガマンダはノオーガルドで、ブシンはデデンネ(!)で、クレセはガルドで処理、を想定していました。
ドリュウズはブルンか、ノオーガルドで択を合わせて削りきる、ヤドランはノオーで処理、のつもりでした。
おおむね目論み通り(見通しの甘さを運でカバーしたともいう)だったので嬉しかったです。
そんなわけで予選抜けして、決勝トーナメントは余生だなーと思っていたら、以前ローテチーム戦で対戦していただいたやまいさんと対戦、二連で有効急所を引く豪運で無理やり勝ちました(その節はすみません、いつか実力で勝ちたいと思っています…)。次のごまさんとの対戦も、最後の最後までオンバーンのばくおんぱと竜波の択にお互い悩みつつ、ぎりぎりの勝負を拾ったという感じでした。ここ二戦ともトノがいたのを思うと、このルールなんやかんやで雨強いなあ、という印象ですね(ノオーもらっておいて何をいっているのか)。
サンガーさんとの対戦は、ラティが向こうにいるのに表にガルドを出さないという選出ミスを犯し、あっさり負けてしまいました。地味に初対戦だったはずなので、ちょっと切なくてとても悔しいです。次はレートでもオフでも、もっと楽しんでもらえる対戦にしたいですね。


対戦していただいたでぃーちょ師匠、ほりさき先生、かちゅーしゃさん、TaGeさん、コウメさん、やまいさん、ごまさん、サンガーさん、本当にありがとうございました。
そして、でぃーちょ師匠、運営ありがとうございました。
次回あれば運営のお手伝いなんかもできればな、と考えております。

それでは、また。
web拍手 by FC2